あずま組一家

16歳で始めた陸上競技、いつまで走り続けるのか・・・病気かも(笑)しかし、ここまできたら納得のいくところまでやるしかない!そんな一人のランナーのブログ。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

39回兵庫神鍋高原マラソン

190616_1213~01.JPG

(レース後は唐揚げ定食を食しながら一人反省会)

今日はひそかに年代優勝を狙っていたがプログラムを見た時点で断念。
先週の残酷マラソンで40歳代だった井上さんが今週は50歳代、力の
差があり過ぎる。

気持ちを切り替えて狙いを年代3位以内と、シーズンベスト
(1時間22分27秒)更新にする。

だが、今週も脚が重い。残酷どころかたたらぎの疲れも残ったまま。

加えて北からの強風、520分10秒・・・遅い、1039分49秒・・・
シーズンベスト無理。目の前を走るtamajizouさんに照準を定める。

15匱蠢亜50歳代のランナー二人に抜かれ5位転落、ターゲットを
tamajizouさんからその二人に変更。でもなかなか差が詰まらない、
ゴールの但馬ドームに入ってからは渾身のラストスパート、10劼良
を走る老若男女を肘打ちしながら追ったが2秒及ばず5位、4位も5位
も一緒だけどね。タイムも1時間25分13秒と冴えない、年代優勝の
井上さんで19分台、エントリーした時点で優勝の芽はなかったわけさ。

優勝を狙って5位、シーズンベストを意識して3分近い遅れ、納得
のいく結果ではないが、これでも去年より1分良いタイム。
但馬4連戦にかぎって言えば全部昨年のタイムを上回っている。

これを良い方に捉えて今後に活かしていく。とにかく終わった〜。

本日の練習:【朝】15分JOG 
      【レース】30分JOG+流し ハーフ(1.25.13)

体重49.7圈‖了號8.7% 血圧139 93 心拍数60
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

27回みかた残酷マラソン

190609_0604~01.JPG

持てる力は出し切った、結果は1時間41分37秒(24)の79位、年代別
では最低目標の滑り込み6位入賞。完走証を手にした時ホッとした。

正直、先週のレースの方が脚は軽快だった。1週間で疲労が抜けきれて
おらず3日前のポイント練習も距離を短くするべきだったと思う。

でも入賞は絶対するという気持ちは捨てるはずがない。走ってる間は
正確な順位は判らなかったが恐らく際どいポジションだろう・・と
感じながらの24劼世辰拭

50歳代4位のハムの人さん(59秒差)や5位のさつき覇者(17秒差)は
今年ハーフで80分切りで走っている、そんな人達と遜色ない走りを
したんだから今日は合格点。重い脚で攻めの走りを貫けた。

ただ、この大会は3位以内じゃないと満点とはいえない。副賞の肉は
食べたら終わりだけど順位は来年以降のプログラムに載る。もう一度
だけでもいいのでいつかは3位に入りたい。8年後かな?

今日のレース、唯一悔しいのはラスト1匱蠢阿芭荵劼舛磴鵑鉾瓦れ
たこと。最後は動かない脚で粘ったが5秒差ぐらいで負けた。
来週の神鍋ハーフで再度対決なので・・・・ 挨拶しとこ。


本日の練習:【朝】15分JOG 
     【レース】30分JOG+流し 24(1.41.37)

体重49.9圈‖了號7.2% 血圧142 97 心拍数59
レース | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

34回たたらぎダム湖マラソン

190602_1328~01.JPG

朝来市での『たたらぎダム湖マラソン』(ハーフ)に参加して結果は
1時間22分27秒の19位、年代別ではトップと1分28秒差の2位。

レース序盤はそれほど年代トップと差がなかったので、粘って
いればチャンスはあると思っていたが折り返し前に3位落ち、意識
が2位の人にばかりいってるうちに、どんどん開いてた。

2位以下は全部同じ値打ちしかない、としか考えてなかったので、
終盤は22分台でまとめるように時計とにらめっこ。

タイム的には昨年より3分少々、先週より5分ぐらい良かったので
今日はそこそこ満足できた。今日は本当に体はよく動いていたと思う。
これぐらい動いてくれれば来週はたとえ順位がどうであれ納得できる
はずなので1週間しっかり調整して今日ぐらいの走りをしたい。

レース用シューズに関して言うと、今季に入ってからはずっと
タクミレン3のシューズを使っていた。練習用に購入したはずが心地
良かったので焼津、さつき、市島、麒麟と連続起用。でも今日は
ソーティマジックに戻した。これも正解だったかな。

残すところあと1週間、全部を出し切れるよう準備していこう。

本日の練習:【朝】15分JOG 
      【レース】30分JOG+流し ハーフ(1.22.27)

体重48.9圈‖了號5.3% 血圧130 85 心拍数68
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

32回麒麟獅子マラソン

190526_1342~01.JPG

"但馬シリーズ"開幕!今年も日本海でハーフを走ってきた。

結果は1時間27分23秒の年代4位、年代優勝とは1分55秒差。

レース自体は序盤から圧倒されているが、優勝タイムを見ると到底
太刀打ちできないタイムではなかった。それでも相手にならない
のは自分が弱いとしか言いようがない。

自身の1年前と比較をすると・・・

タイムは昨年より23秒良かっただけ、順位も昨年の上位がことごとく
不在か不調で繰り上がっただけ。こちらも何一つ喜べる材料がない。

このままでは2週間後の大本命レースでも同じように辛酸をたっぷり
舐めさせられることになる。

残り14日、もう今更力がつくわけでもないのでしっかり調整をして
昨日のように気持ちよく走れる状態にする方がいいと思う。

「やり過ぎより、やらな過ぎの方がいい」

本日の練習:【朝】15分JOG 
     【レース】30分JOG+流し ハーフ(1.27.23)

体重49.1圈‖了號6.8% 血圧144 91 心拍数71

レース | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

188回徳島中長距離記録会

190525_1359~01.JPG

1500mD組で走り5分01秒04。

「あと1秒ちょっと・・・」

ホームストレートで場内アナウンスが「只今、4分45秒!」と
聞こえてから15秒間がとても早く感じた。5分が切れず悔しい。

でも調子は良くなってきている、4分台は十分視野に入ってきた
ので夏以降の楽しみにしておこう。

明日は昨年以上の結果、今季シーズンベスト、年代3位・・・
欲張り過ぎかな。

せっかく日本海まで行くんだから、凡記録では許されないぞ!

本日の練習:【朝】6JOG(35分56秒)
     【レース】30分JOG+流し 1500m(5.1.04)

体重49.2圈‖了號7.2% 血圧134 101 心拍数78
レース | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

31回丹波市三ッ塚マラソン

190512_1304~01.JPG

毎年のように10kmに参加、結果は38分30秒の31位(年代4位)

まだまだ疲労は抜けていないものの、先週のような体調不良ほど
ではなかったので、そこそこ力は出し切れたと思う。

折り返し手前でK辺さんに追い付き年代4位に浮上、後半は50歳代
の先頭争いを繰り広げている3人を追う構えを見せていたが100m
ぐらいの差がなかなか縮まらない。3人の姿が常に視界にあるだけに
もどかしかった。

逆に最後は少し離され年代優勝とは44秒差、ラストもかろうじて
K辺さんの追撃を振り切り4位を死守。後から思えば、最初の1劼
抑え過ぎて後手になったツケを最後まで払い戻せなかった感がある。

年代優勝者には三田ハーフで勝ってるしライバルの二人、伸さんと
みやもとさんに絡めなかった点を考えれば満足感は湧いてこない。

これで今季が始まって6週連続レースを終えたが、冬場のような調子
まで上がってこないのが気掛かり。再来週からは但馬4連戦が続く、
あくまでもメインは『残酷』に置いているがこれではまた入賞圏外
だろう。残り1ヶ月弱で何とかしないと。

本日の練習:【朝】15分JOG 
      【レース】30分JOG+流し 10(38.30)

体重49.8圈‖了號6.8% 血圧135 103 心拍数60

レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

33回岡山マスターズ陸上選手権

190505_0800~01.JPG

風邪が完治してなかったけど、4時起きで倉敷へ。

10時半過ぎの1500mは5分12秒10。予想どおり全然走れてなかった
ので、この時点で2種目に絞ることにした。

距離の短い13時からの3000mにするか、休憩時間を多く取れる15時
からの5000mにするか、考えた末5000mに。

15時時点で27℃の気温、こちらもさっぱり走れておらずこの距離
にして4回の給水。喉がカラカラになるのが早かった。

6日前の記録を遥かに下回る19分57秒33、疲労を残したまま臨む予定
だったとはいえ走れなさ過ぎ。まぁ、いい練習になったと解釈
しておこう。

来週はしっかり疲労も抜いていこうと思う。

本日の練習:【朝】15分JOG
     【レース】30分JOG+流し 1500m(5.12.10)
     【レース】30分JOG+流し 5000m(19.57.33)

体重48.7圈‖了號7.4% 血圧121 86 心拍数68
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

77回加盟団体対抗陸上大会

image1006.JPG
 
朝の7時半、携帯電話の着信音で目が覚めた。

陸協のK先生から、天気の関係で今日のスタート時間が早まるという
ご丁寧なお知らせ。土のトラックゆえにそれも十分あり得る。しかし、
数少ない一般選手のためにわざわざ電話を掛けてくれるなんて親切な人
だねぇ。昔だったら現地に着いて「えっ、ゴセン終わった?」だよ。

でっ、すぐにスパイクピンを換えたりナンバーを探したり・・・

予定の15時から13時15分に時間が繰り上がった5000mは自分と高校生
6人の計7人でスタート。

当然スタート直後から、誰もの予想どおり単独最下位を走行。

最初は体中が痺れて力が入らず完走も危ういのでは、とチラついた。
でも2000m手前ぐらいから体が動き始め、余計なことを考えず集中
できるようになる。パーフェクトではないがレースとしてそれなり
の形になってきた。

タイムは19分14秒2の文句なしのビリ、何たって自分より一つ前の
順位の高校生が16分59秒だったから2分以上は一人でトラックを
走っていることになる。独占意識もないけど恥ずかしさもなかった。

1000m毎のラップは3分48→55→51→54→44秒。

今月初めの記録会と焼津マラソンは最初から最後まで呼吸もキツく
全くレースになってなかった。ところが先週のさつきマラソンや
今日のレースはそこそこ力を出し切れるようになっている。
自分の中では大体の原因は分かっているので少し先行きが明るく
なりつつある。

平成最後のレースを淡路島でのトラックで締めくくるといのも、
何やら自分にふさわしい気がした。しかしこれだけ落ちぶれた姿
を見せるのは情けないの一言に尽きる。

本日の練習:【朝】15分JOG 
     【レース】30分JOG+流し 5000m(19.14.2)

体重48.6圈‖了號8.8% 血圧141 100 心拍数58
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

14回宍粟市さつきマラソン

190421_2057~01.JPG

ハーフを走って結果は1時間25分14秒、年代5位。昨日、先週、
先々週の無様な結果を考えると少し嫌な流れを変えたように思う。

無理をせず余力を後に残そうとしたことが波に乗れた要因だった反面、
序盤年代2位を走っていたのが、結果的には3つ順位を落としている
のは、後半余力がなかったことも表れている。単にスタミナ不足。

でも今回のレースはいい練習になったはず、いい動きもしていたし
課題も掴めている。それらを活かせるか、次のレースが肝心。

本日の練習:【朝】15分JOG
      【レース】30分JOG+流し ハーフ(1.25.14)

体重49.3圈‖了號8.6% 血圧133 100 心拍数60
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

187回徳島中長距離記録会

190420_1430~01.JPG

1500mC組に参加、結果は5分22秒74の最下位、自己ワースト記録。

途中で呼吸が乱れ心臓の打ち方がおかしくなったので、2度ほど
意識的にペースダウン。体にも力が入らなくなってレース中に
「倒れるかも・・」と何度かよぎった。

ちなみに400m毎のラップは75'→83'→92'→71'(300m)

今の練習状況からすると1周目の75秒は速過ぎだったけど、最初
から積極的にいくと決めていたので致し方ない。

800mを2分38秒で通過は悪くはなかったが、ここからは大失速。
特にラストの300mを71秒って・・・・

このレベルの低い走力では敷居の高い競技者向けの記録会への
参加は、そろそろ終わりが近いことを予感させる。
一応、再来年が最後と決めているがそれまで持ち堪える自信がない。


本日の練習:【朝】20分JOG
      【レース】30分JOG+流し 1500m(5.22.74)

体重49.0圈‖了號7.2% 血圧111 80 心拍数75
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark