あずま組一家

16歳で始めた陸上競技、いつまで走り続けるのか・・・病気かも(笑)しかし、ここまできたら納得のいくところまでやるしかない!そんな一人のランナーのブログ。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

29回六甲シティマラソン

181111_2125~01.JPG

絶好のコンディションの中での六甲シティマラソンに参加。

1ヶ月ほど前から悩まされている踵の痛みが最近はひどく、我慢を
しながらの序盤。痛みが馴染んできたのでペースアップを試みたら、
4匆瓩にふくらはぎを攣った。

そこからはジョグしかできず、息も切らすことなく43分55秒
でゴール。年代別での入賞(8位)は全然問題ないと思っていたが
全く論外の20位。さっさと着替えて島に帰った。

力を出し切った上での満足のいかない結果は仕方ないと思う、
でも色んな準備を経て不完全燃焼のレースでは腑に落ちない。
何をしに六甲アイランドまで行って来たのか・・・

3.53→3.49→3.51→3.50→4.2(19分28秒)
→4.6→4.22→4.53→5.10→5.55(24分27秒)


ガックリしながらの帰路、明石大橋の上で動物と激突し愛車
の一部が後方へ飛んで行くのが見えた。ついてない(笑)

本日の練習:【朝】15分JOG
      【レース】30分JOG+流し 10(43.55)
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

42回羽ノ浦マラソン

181104_2016~01.JPG

12年ぶりに羽ノ浦マラソンに参加。
7時10分に着いたら関係者も参加者も誰一人来てなかった。
受付開始が9時だったから?

この大会は突っ込みどころ満載なのだ。
まずはチップも使用せずお年寄り数人による手動計時、
しかも成績は各部上位6人?しか判明せずそれ以下の選手は
後日、成績表として送付される。なので正式結果は不明。

なのに完走証は受付時に渡される袋の中にすでに同封、
もちろん記録の部分は記入されておらず。

グラウンドを出ると県道を走る・・でも交通規制一切なし。
車が何度も接近する場面がある。

徳島県外の人は全て遠来賞、と言っても兵庫6人茨城1人の
計7人。初めて遠来賞をもらった。全体でも200人の小規模
市民マラソン、スポンサーもなくホッチキスで留めた
プログラムが何とも手作り感がある。

そんなこんなで10劵譟璽后∩鞍召詫泙┐童緘召睛泙┐觝。
5劼19分30秒、目の前に数人いたので後半抑える策変更、
全般的に向かい風が多かった中で順位を上げ、最後は追いついた
若い人に振り切られたが38分22秒(手元)のゴール。

この1週間殆ど練習してなかった割によく走れた方だと思う。


ある徳島の方に言われた・・・
「淡路から遠いのに来られたんですね?」と。

遠いなんて、とんでもない。昨年までは丹波市のもみじの里
に参加していた。あっちの方が時間は倍以上要するしETCの
金額は4倍ぐらい違う。その前は滋賀のあいの土山に行ってた
ぐらいだから。さて、来年は羽ノ浦参加どうするか。
当日に正式結果が不明という点が・・・

本日の練習:【レース】30分JOG+流し 10(38.22)? 
      【ダウン】10分JOG
レース | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

34回淡路国生みマラソン

ハーフを走って結果は1時間32分23秒の16位(50歳代)

5劼18分27秒とまずまずの通過だったが、そこからは
20分7秒→23分48秒→24分57秒・・・大きく失速。

知り合いが何人も抜いていく、そのたびに
「あずまさんファイト!」とか「最後まで頑張りましょう!」
とか「ヒガシさん・・・ですよね?」(違うわ)
声を掛けてくれるけど応える気力もなく殆ど無視。


今日はアップ時から息が上がるほど心臓の働きがおかしかった。
帰宅して血圧を計るといつもなら上は140〜150(それも変)
だけど99だった。走り終わって10時間以上経つ今もおかしい。

体調がおかしかったにしろ結果は結果、この大会で最低の
タイム、順位は変わらない事実。しっかり練習も積んで
最後もうまく調整できたと思ってただけに情けないのと
悔しい気持ちでいつも以上に切り替えることができない。

でも何かが間違っていて、何かが足りてなかった。それを
突き詰めないともう終わってしまう。とりあえずちょっと
休みたい。

本日の練習:【朝】15分JOG 
      【レース】30分JOG+流し ハーフ(1.32.23)

体重49.4圈‖了號7.2% 最高血圧99 最低血圧82 脈拍数62
レース | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark

55回洲本市陸上選手権

181008_0932~01.JPG
秋晴れの下、洲本市選手権の5000mに参加。駅伝も近いせいか
少な目の高校生5人と一般2人で9時45分スタート。

1周を過ぎた辺りから最下位を独走、よくあることだが
慌てず自分のペースで・・・でもイマイチ動きが悪い。

1000m3分32秒、3000m11分8秒、ラップは一切見ておらず
一つ前の高校生の背中だけを見て追う。最大でも80mぐらい
の差だったので頑張れば追いつける!と。

最後の50mで高校生を抜き最下位は脱出したものの
18分46秒9。やっぱりいつもの走れてない自分だった。

もうちょっと走れると思っていただけにガックリ、
とても納得のいかない体育の日となった。

これで今季の淡路でのトラックレースは終了、全結果は・・

4/29 加盟団体対抗(18分55秒1)最下位

8/4  淡路陸上選手権(18分57秒2)最下位と2秒6差

9/2 淡路陸上新人戦(19分47秒7)最下位

10/8 洲本市陸上選手権(18分46秒9)


近年は恥ずかしい結果ばかりなので淡路のトラックはそろそろ
終わりにしようと思っていた。でも、なんか引っ掛かるので
この事は春までに考えようと思う。

本日の練習:【朝】15分JOG
      【レース】30分JOG+流し 5000m(18.46.9)
      【ダウン】22分JOG
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

全日本マスターズ陸上選手権3日目

180924_1252~01.JPG

最終日は11時25分競技開始の1500m。ホテルを8時に出発し
メインスタンド下で陣取る。体中に疲れを感じていたので
ウロウロせずアップまで体をほぐしたり伸ばしたり。

「あと1本頑張れば帰れるぞ」

6人が棄権し14人での決勝、5000mと同じくサブトラでの競技
だったとはいえ意外と観戦してる人は大勢いた。

レースはスタート直後から6位争いにすら全く絡めず。1周目は
77秒と自分にとっては悪くない入りだったがそこからは悪い時
の走りがでてきた、腕は横振りになってるわ、腰は全然使えて
ないわ、チョコチョコした走りでさっぱり。

それでも動かない体でゴールを目指した、最後の直線は乳酸が
溜まって感覚も分からないまま5分11秒44の9着。昨日の5000mで
勝った人にも大差での敗戦。それだけ自分の体力が低いということ。

ゴール後はしばらく仰向けになったまゼイゼイ、ハーハー、
今度は四つん這いになったままトラックにひれ伏した状態で、
なかなか立ち上がれず。3日間終わった安堵感と最後は力が
足りない現状を突きつけられた悔しさとが入り混じる。

それでも本命の種目で入賞もできたし、大勢の仲間と再会できたし
何より3日間存分に陸上競技を楽しむことができた。

来年は群馬かぁ・・・どうやって行けばいいん?


本日の練習:【朝】20分JOG 
     【レース】30分JOG+流し 1500m(5.11.44)
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

全日本マスターズ陸上選手権2日目

180923_2051~01.JPG

8時40分にホテルを出発、競技場までは車で10分ほど。自分の
レースは16時10分競技開始だったが三障を見るために早く
やってきた。あとはアップまでひたすら自分の世界に入る。

2日目は本命の5000m、6位入賞か18分切りのいずれかに到達する
のが目標。正直、自信はなかったが自分を信じることにした。

スタート直後に6〜7番手につけるも「今日の自分ならイケるかも」
と、すぐさま3番手に浮上、先週負けた京都の人の前を走り続け
その後ろには神奈川の人が接近。3〜6位ぐらいまではどう転ぶか
分からない状況の展開が続く。

3000mの通過は10分33秒と6日前の兵庫マスターズより速い通過、
一旦京都の人にかわされ4位に後退するも「ここまで来たら3位を
狙う」と強気な自分が居たのが粘れた要因。

残り700m、捨て身のロングスパート。応援してくれている人が
後ろとの距離を伝えてくれる、最後は5秒差で逃げ切り3位で
ゴール。久しぶりにガッツポーズをしながらフィニッシュする。

そして4年ぶりの17分台(17分46秒06)、この間22レース18分が
切れず「もう一生17分台は無理かも」と思った時期があった
だけに嬉しい。こんな気持ちになれる日もあったんだと・・・

だが・・・喜び過ぎてみんなと話してたら表彰に遅れ手渡し。
せっかくメインスタンド前での表彰なのに何やってんだか。
夜はその同じ兵庫の4人で食事へ、楽しい時間を過ごせた。

明日は最後のセンゴが残っているので、もう一仕事頑張る。

本日の練習:【朝】20分JOG 
     【レース】30分JOG+流し 5000m(17.46.06)
レース | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

全日本マスターズ陸上選手権1日目

180922_1148~01.JPG
今年は鳥取県で開催される全日本マスターズ陸上選手権。


初日は15時30分からの800m、唯一“本競技場”で走れる
種目なので楽しみにしていたが、かなり緊張していた(笑)

スタートからラストスパート、1周の通過は72秒でもう
ほとんど死んでいる。最後の直線に入った頃には先頭は
ゴールしていた。

結果は2分35秒04、18人中17着。でも一応シーズンベスト
だったので個人的には仕事を果たせた。

それはさておき、今夜泊まったビジネスホテルにはちょっと
驚かされた。かなり建物が古い、床は沈む所はあるし匂いも
独特なものがある。晩御飯は鳥取駅まで行かないとないし
周辺にはコンビニも見当たらない。

ベッドは普通なのでとりあえず明日に備えて早く寝るわ。



本日の練習:【朝】4kmjog(25分30秒)
   【レース】30分jog+流し 800m(2分35秒04)
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

37回兵庫マスターズ陸上選手権

180917_1211~02.JPG

昨年は久しぶりに参加したのに指の付け根を痛めて600mで棄権。
1年後の今日も痛みは残っているが今年は何とか走れている。

記録会とは違い今大会は選手権大会、記録より順位を重視。
M50クラスで1位になることが大前提。

まずは9時40分からの1500m。いきなり3人が飛び出し第二集団は
自分を含め3〜4名、グングン差が開く展開ではなかったので
じっくりチャンスを伺う。残り450m付近から追い上げ態勢に
入りバックストレートで2番手に浮上。しかしそこからトップ
との差が詰まらず5秒差で2位。でもタイムは4年ぶりの4分台
で4分59秒03、勝てなかった悔しさと今回の記録との比較は
ちょっと難しいので気分的には微妙なところ。

次こそは勝つ!と約7時間後の3000mに挑む。

序盤は同じM50クラスの選手をマークしていたが
「いい流れに乗ろう」と前方を行くtakaさんの背後に付く。
1000mは3分30秒、次は3分33秒と体はいっぱい×2、最後の
競り合いから振り落とされ10分35秒34。1位は獲れたものの
タイム的にはイマイチ、やっぱり1日2本は厳しいかな。

いずれにしろ両種目ともシーズンベストだったし今日はそこそこ
満足できる内容だったといえる。つなぎのジョグを3日設けた
ことが良かったのか夏場の練習の成果が少し表れたのか、よく
分からないが来週の全日本に向けて悪い流れではないと思う。

本日の練習:【朝】15分JOG
      【レース】30分JOG+流し 1500m(4.59.03)
      【レース】30分JOG+流し 3000m(10.35.34)
レース | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

20回中国マスターズ陸上記録会

180909_1059~01.JPG

今年は雨の津山陸上競技場となった(>_<)

ホテルを出発する時は大雨警報が出ていたので中止になりや
しないかと心配したが、さすが中国マスターズ連盟!
びくともしない(^^)

まずは10時からの5000m、毎年参加している香川の人(46歳)が
先頭を引いてくれ3000mで舵取を自分に交代。目標の18分30秒
切りが微妙なペースのままラスト一周の鐘。

鐘と同時に香川の人がスパート、そこだけで9秒も離された
ものの自身は18分28秒13、かろうじて目標はクリアできた。

しかし、こんなにヒィヒィ言いながら走って18分台中盤とは
・・・・力が落ちたもんだ。

そして残された仕事は15時30分からの1500m、5分を切るぞ!
と意気込んでスタートしたが脚が動いてくれず最後の直線
は両足が絡み転倒しかけながらゴール、5分16秒61のタイムは
5分15秒25の記録を更新する自己ワースト。

もし、5000mだけで会場を後にしていれば満足して帰れたと
思うが差し引きマイナスの気分で島へ向かった。来週も1500m
は走ることになるので今日よりはいい走りをしたい、加えて
好天の下で行われることを願う。

本日の練習:【朝】15分JOG
      【レース】30分JOG+流し 5000m(18.28.13)
      【レース】30分JOG+流し 1500m(5.16.61)
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

69回淡路陸上競技新人大会

180902_0811~01.JPG

新人戦は高校時代から長年参加してきたが、5000mが午前中に
組み込まれたのは初めて。しかも8時30分スタート。

高校生13人、一般2人での決勝。1周もしないうちに脚は重くなり
呼吸も荒い、400mもいかない所で単独最下位。

トップの高校生に2周も抜かれ19分47秒7の15着。ひとつ前の
選手でさえ直線でも視界から消えていた。

昨日の疲れはあまり感じていなかったし、足の痛みも注射と薬が
効いていたのか気にならなかった。

4時間しか眠れなかったのが原因だったのか?とにかく疲れが
ひどかったので午後からの1500mは棄権。夕方も走る時間が
たっぷりあったけど部屋で水槽の魚を眺めていた。

収穫があったとすれば足の痛みが悪化せずに連戦を終えたこと、
来週の試合はすでにホテル代金をカード払いで済ませてるので
DNSは避けたいところ。

本日の練習:【レース】30分JOG+流し 5000m(19.47.7)
レース | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark