あずま組一家

16歳で始めた陸上競技、いつまで走り続けるのか・・・病気かも(笑)しかし、ここまできたら納得のいくところまでやるしかない!そんな一人のランナーのブログ。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

初めて見た(2)

180924_1358~01.JPG

初めて見た『鳥取砂丘』

テレビとかでは何度か見たことはあるけど、せっかくだから一度
ぐらいは行っとこうかみたいな感じで。大会会場からそれほど
離れてもないし。

とりあえず海辺までは歩いてみたが・・・特に感動もせず。
「まぁ、こんなもんかな」ぐらいな 程度。

今回は曇ってたけど晴れている時にもう一回来てみたい
気がした。青空と海と砂丘のコントラストの方が良さそう。


本日の練習:【夜】15000mJOG(86分6秒)+流し
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

初めて見た(1)

180924_0618~01.JPG

初めて見た・・・『ロータリー交差点』

そんなものに遭遇するとは予想もしておらず、六差路に
いきなり突っ込んでしまった(^^;

最初は何が起こっているのか分からなかったので、しばらく
停止。他の車がみんな左方向しか行かないのを見てようやく
理解できた。これって便利なのかなぁ?

本日の練習:【朝】4JOG(25分25秒)  【夜】60分JOG+補強
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

8分46秒56という記録

奈良で開催されている近畿高校ユース陸上、昨日の3000mSC
で洛南の2年生が8分46秒56という記録で独走。2年生ながら
この記録はなかなか大したもの。

動画でみた印象は障害の上で体が少し伸びきる特徴があるが、
ゆったりした走りで「飛ばしている」という感じはなかった。、

日本高校記録は19年前に櫛部君(宇部鴻城)が、スーパー陸上で各上の
選手を相手に善戦健闘しながら出した8分44秒77。洛南の2年生は
もう手の届くところまで近づいた。

その彼、インターハイは予選で走路妨害?結局は失格となっていた。
駅伝シーズンも近いことから、もう時期的に”三障"を走る機会は
今季ないかもしれないが来季は20年ぶりの高校新を期待したい。

ちなみに淡路記録は奇しくも現在近畿ユースが行われている
奈良鴻池で18年前に当時洲本高だった巽君が近畿インターハイ
で出した8分58秒68。彼はインターハイも国体も出場、両足
どちらの足でも障害を踏み切れる器用さを持った選手だった。

ついでに私の3000mSCのベストは10分11秒0、自慢じゃないが
水濠以外で障害に脚を乗せたことはなく全部飛んでいた。
こんな短い脚で信じられないと思うが。

本日の練習:【朝】4JOG(25分55秒) 
     【夜】70分JOG+流し 補強
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

親子だったか・・・

そう言えば・・・目鼻立ちがオヤジそっくりだ。




高校生の時の自分はレースでいつもビリの方ばっかりだし、今より
控えめな性格もあり試合に行っても他校の選手と殆ど喋ることは
なかった。たぶんビビッていたと思う。

今でこそカルノタさん、awajiさん、T谷さん、H川さんと気軽に話す
間柄だが、高校時代は彼らの顔や名前も知っていながら挨拶すら
したことがない。間違いなくビビッていた。

そんな中で唯一話しかけてくれる人がいた、三原高の山〇君。
眼鏡をかけていつも陽気なタイプ、ダイナミックな走りで1500mを
専門としていた。

卒業後は一度、淡路島女子駅伝の時に審判でお会いしたが、
彼があまりにもぽっちゃり(笑)していたので本人と気づいたのは
審判の仕事が終わってから。

その息子さんが鉄腕と呼ばれ今、甲子園で準決勝に残っている
とはびっくり!スタミナがあるところはオヤジ譲りか。
兵庫代表が負けたのは残念だが、彼の息子さんが活躍してくれる
のを願っている。


17日:【朝】4JOG(26分27秒) 【夕】60分JOG+補強

18日:【朝】4JOG(28分55秒) 
  【夕】12000mJOG(69分33秒)+流し
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

世間は狭い

不思議な縁があったことを最近知った。

いつも仕事をしている部署の課長(自分より2歳上)が子供の頃、
うちに来たことがあったらしい。自分は全く記憶に残っていないが。

仕事の休憩中に課長と話していたら、段々と繋がってきて
帰ってオヤジとお袋にそのことを話すと二人とも色んなことを
覚えていた。

うちの祖父が経営していた砕石工場に課長のお父さんが雇われて
いたらしく、車を所有していなかったお父さんをオヤジが毎日
送り迎えしていたことや、一緒によく釣りに行っていたこと、
課長の御下がりの服を自分が着ていたことなど。

”世間は狭い”というのを又、実感した。


30日:【夜】60分JOG+流し

31日:【夜】70分JOG+流し
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

連載最終回

180520_1103~01.JPG

新聞で連載されていた、俳優山口崇さんの『心の自叙伝』が最終回
を迎えた。

営業の仕事をしていた頃、山口崇さんの実家”山口屋"に8年間仕事
で通っていたことがあった。当時勤めていた会社社長の奥さんが
山口崇さんの母貞子さんと女学校時代の同級生であったことが
きっかけ。

入ると大きい梁が象徴的な広い屋敷、この連載では『ダット』と
呼ばれている小柄なおじさんが出てきていつも価格のことで嫌味
を言われているところへ貞子さんが現れるといういつものパターン。

貞子さんはいつも表情を崩すことが少なく柔らかい物腰の人で
接していても嫌な思いもせず鼻の高い雰囲気も感じられなかった。

一度だけ崇さん本人が出てこられ「今、母を呼んできます」と
いうことがあり「おお〜タイムショックの司会の人だ」と感激
したことも。

あれから20年以上経っているので今はどうなっているか分からない
が、連載中は当時の色々な思い出も浮かんできた。

本日の練習:【朝】20JOG(1時間50分) 
      【夕】60分JOG+流し 補強
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

エントリーミス

来週の日曜日に予定している『加盟団体対抗陸上』いわゆる
”カメダン”。

5000mにエントリーしたはずだったがネットでスタートリストを
確認すると自分の名前が入ってなかった。

淡路の陸上競技会は市の教育員会の担当者に連絡し、出場したい
種目を伝えてあとは取りまとめて陸協に申し込むというスタイル。
もし、その担当者が忘れていたりするとエントリーミスが生じると
いうことになる。

幸いにも社会人になってから33年間、年に数回のエントリーを
合計すれば約130回のその機会を歴代の担当者は一度も忘れることなく
キッチリ申し込んでくれていた。が、今回それができてなかった。

この春、担当者が異動で新しい人に引き継いでバタバタしていたのか、
はっきりしたことは分からない。

慌てて今朝、陸協責任者の某中学教諭に連絡し事情を説明。もうすでに
プログラムを印刷屋さんに発注してるので名前は載らないが出場は
できるとのこと。

最近ではPCでエントリーできる時代になんか未だに古臭いやり方を
続けている地元陸協、そろそろ改革しようぜ。

本日の練習:【朝】4JOG(25分) 【夜】70分JOG+流し 補強
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

K先生

いつも使っているグラウンドの使用予定を把握しておくため、
管理人室のドアをノックした。小窓から覗くと見かけないご老人が
入れ歯を直しながら慌てて近づいてきて驚いた顔でこう言う・・

「おぅ!たくじか!?」

中2の時の担任だったK先生、4月から管理人になったらしい。

自分の家族、親戚以外で唯一下の名前で呼び捨てで呼んでくれるのは
K先生ぐらい、その部分は当時と全く変わらない。

先生は担任という立場だけでなく自分にとっては監督でもあった。
自分たちの中学校は陸上部がなく駅伝やロードレースの時期が近づく
と各部から走力のある者が集められ直前に練習をする。

自分は2年時から選ばれるようになったのだが、K先生が体育の授業
や校内マラソンの成績から声を掛けてくれた。もしかすると自分の
ランニング人生のターニングポイントだったかも?

当時、駅伝の区間配置は先生が一方的に決めるのではなく一人一人に
打診をしてみる「おまえ3区いってみるか?」「アンカーどないや?」
無理強いはしない、本人が納得をして走らせることを大事にしていた。

いつも人情味あふれていて、オヤジみたいなイメージを持つ恩師と
また頻繁に顔を合わせる機会が訪れた。春はやっぱり出会いもある。

本日の練習:【夜】40分JOG
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

名将

報徳学園陸上部元監督の鶴谷先生が亡くなったニュースは驚いた。

まだまだそんなお齢ではないと思っていたし。

一番印象に残っているのは全国高校駅伝で2度目の優勝を果たした
時のインタビュー。

NHKアナウンサーの「6区、7区が一年生だったことに不安は?」
という質問に、それまでニコニコとインタビューを受けていたのが
一転、表情と口調が強く変わり「あの子たちも強い選手なので心配
はしていません!」と答えられた。

生徒を本当に信頼してるんだなぁ、と感じたことが今でも印象に
残っている。

個人的なイメージだが、ライバル西工のオーダーは何となく読めても
鶴さんのオーダーは読めない部分が多かった「えっ?あいつ2区?」
みたいな感じで。

それと、歴代エースの中でも指折りのエース、インターハイ5000m
3位だった淡路島出身の木戸君がいた3年間でせめて一度ぐらいは
優勝してもらいたかった。きっと鶴さんも「木戸のいる間には・・・」
とチャンスを感じていたと思う。

本日の練習:【朝】40分JOG 【夜】70分JOG+流し 補強
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

たかが10円、されど10円

日曜日のちょっとした出来事・・・・

昨年同様、会場のうみたまごまでは駅から路線バスを使うことにした。

財布の中に小銭が少ないことは分かっていたが、何とかなるだろうと
思いバスに乗り込んだ。

駅を出発しておよそ13分、停留所が近づいてきて運賃が表示された、
240円。まさか。。と思い財布の中を見ると238円、あとは万札のみ。

バスが止まり運転手に両替をしたいと申し出るとハンドルを握ったまま
進行方向から視線をそらさずに「1万円札はできません」と。

じゃあ、どうしろと言うんだ?、2円分バックするのか?(笑)

「帰りも乗るので余分に払う」と言っても「それはちょっと・・」と。

しばらくするとある女性がこれを使って下さいと10円を渡してくれた。

お礼言ってその10円と整理券、財布の中の小銭をかき出し運賃箱に
慌てて入れる、数えもせずに・・・

バスを降り、窓側に座る女性に何度も何度も頭を下げながらバスは
走り去っていった。

深いため息と共に改めて財布の中身を見ると、なんと18円入っていた。
結局は10円不足の230円しか運賃箱に入れてなかったことになる。

運転手は黙認したのか、見落としたのかは分からない。せっかく
親切心を示してくれたあの乗客の方に申し訳ないと思いながら
レースの受付場所に向かった。

本日の練習:【朝】40分JOG 【夜】60分JOG+流し
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark