あずま組一家

16歳で始めた陸上競技、いつまで走り続けるのか・・・病気かも(笑)しかし、ここまできたら納得のいくところまでやるしかない!そんな一人のランナーのブログ。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

連載最終回

180520_1103~01.JPG

新聞で連載されていた、俳優山口崇さんの『心の自叙伝』が最終回
を迎えた。

営業の仕事をしていた頃、山口崇さんの実家”山口屋"に8年間仕事
で通っていたことがあった。当時勤めていた会社社長の奥さんが
山口崇さんの母貞子さんと女学校時代の同級生であったことが
きっかけ。

入ると大きい梁が象徴的な広い屋敷、この連載では『ダット』と
呼ばれている小柄なおじさんが出てきていつも価格のことで嫌味
を言われているところへ貞子さんが現れるといういつものパターン。

貞子さんはいつも表情を崩すことが少なく柔らかい物腰の人で
接していても嫌な思いもせず鼻の高い雰囲気も感じられなかった。

一度だけ崇さん本人が出てこられ「今、母を呼んできます」と
いうことがあり「おお〜タイムショックの司会の人だ」と感激
したことも。

あれから20年以上経っているので今はどうなっているか分からない
が、連載中は当時の色々な思い出も浮かんできた。

本日の練習:【朝】20JOG(1時間50分) 
      【夕】60分JOG+流し 補強
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

エントリーミス

来週の日曜日に予定している『加盟団体対抗陸上』いわゆる
”カメダン”。

5000mにエントリーしたはずだったがネットでスタートリストを
確認すると自分の名前が入ってなかった。

淡路の陸上競技会は市の教育員会の担当者に連絡し、出場したい
種目を伝えてあとは取りまとめて陸協に申し込むというスタイル。
もし、その担当者が忘れていたりするとエントリーミスが生じると
いうことになる。

幸いにも社会人になってから33年間、年に数回のエントリーを
合計すれば約130回のその機会を歴代の担当者は一度も忘れることなく
キッチリ申し込んでくれていた。が、今回それができてなかった。

この春、担当者が異動で新しい人に引き継いでバタバタしていたのか、
はっきりしたことは分からない。

慌てて今朝、陸協責任者の某中学教諭に連絡し事情を説明。もうすでに
プログラムを印刷屋さんに発注してるので名前は載らないが出場は
できるとのこと。

最近ではPCでエントリーできる時代になんか未だに古臭いやり方を
続けている地元陸協、そろそろ改革しようぜ。

本日の練習:【朝】4JOG(25分) 【夜】70分JOG+流し 補強
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

K先生

いつも使っているグラウンドの使用予定を把握しておくため、
管理人室のドアをノックした。小窓から覗くと見かけないご老人が
入れ歯を直しながら慌てて近づいてきて驚いた顔でこう言う・・

「おぅ!たくじか!?」

中2の時の担任だったK先生、4月から管理人になったらしい。

自分の家族、親戚以外で唯一下の名前で呼び捨てで呼んでくれるのは
K先生ぐらい、その部分は当時と全く変わらない。

先生は担任という立場だけでなく自分にとっては監督でもあった。
自分たちの中学校は陸上部がなく駅伝やロードレースの時期が近づく
と各部から走力のある者が集められ直前に練習をする。

自分は2年時から選ばれるようになったのだが、K先生が体育の授業
や校内マラソンの成績から声を掛けてくれた。もしかすると自分の
ランニング人生のターニングポイントだったかも?

当時、駅伝の区間配置は先生が一方的に決めるのではなく一人一人に
打診をしてみる「おまえ3区いってみるか?」「アンカーどないや?」
無理強いはしない、本人が納得をして走らせることを大事にしていた。

いつも人情味あふれていて、オヤジみたいなイメージを持つ恩師と
また頻繁に顔を合わせる機会が訪れた。春はやっぱり出会いもある。

本日の練習:【夜】40分JOG
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

名将

報徳学園陸上部元監督の鶴谷先生が亡くなったニュースは驚いた。

まだまだそんなお齢ではないと思っていたし。

一番印象に残っているのは全国高校駅伝で2度目の優勝を果たした
時のインタビュー。

NHKアナウンサーの「6区、7区が一年生だったことに不安は?」
という質問に、それまでニコニコとインタビューを受けていたのが
一転、表情と口調が強く変わり「あの子たちも強い選手なので心配
はしていません!」と答えられた。

生徒を本当に信頼してるんだなぁ、と感じたことが今でも印象に
残っている。

個人的なイメージだが、ライバル西工のオーダーは何となく読めても
鶴さんのオーダーは読めない部分が多かった「えっ?あいつ2区?」
みたいな感じで。

それと、歴代エースの中でも指折りのエース、インターハイ5000m
3位だった淡路島出身の木戸君がいた3年間でせめて一度ぐらいは
優勝してもらいたかった。きっと鶴さんも「木戸のいる間には・・・」
とチャンスを感じていたと思う。

本日の練習:【朝】40分JOG 【夜】70分JOG+流し 補強
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

たかが10円、されど10円

日曜日のちょっとした出来事・・・・

昨年同様、会場のうみたまごまでは駅から路線バスを使うことにした。

財布の中に小銭が少ないことは分かっていたが、何とかなるだろうと
思いバスに乗り込んだ。

駅を出発しておよそ13分、停留所が近づいてきて運賃が表示された、
240円。まさか。。と思い財布の中を見ると238円、あとは万札のみ。

バスが止まり運転手に両替をしたいと申し出るとハンドルを握ったまま
進行方向から視線をそらさずに「1万円札はできません」と。

じゃあ、どうしろと言うんだ?、2円分バックするのか?(笑)

「帰りも乗るので余分に払う」と言っても「それはちょっと・・」と。

しばらくするとある女性がこれを使って下さいと10円を渡してくれた。

お礼言ってその10円と整理券、財布の中の小銭をかき出し運賃箱に
慌てて入れる、数えもせずに・・・

バスを降り、窓側に座る女性に何度も何度も頭を下げながらバスは
走り去っていった。

深いため息と共に改めて財布の中身を見ると、なんと18円入っていた。
結局は10円不足の230円しか運賃箱に入れてなかったことになる。

運転手は黙認したのか、見落としたのかは分からない。せっかく
親切心を示してくれたあの乗客の方に申し訳ないと思いながら
レースの受付場所に向かった。

本日の練習:【朝】40分JOG 【夜】60分JOG+流し
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

10年

このブログを開設して今日でちょうど10年。

この10年間で走力はかなりダウン、5000mなら2分、ハーフなら10分
は落ちている。フルは最近エントリーしようという気持ちすらない。

10年前にここまで衰えることは想像してなかったろうな、恐らく。

落ちていく成績のことはさておき、ブログのことにも触れよう。

幸いにも書いた記事に対して誹謗中傷もなくテロもデモもなかった。
直接的な批判はなかっただけで、どこでどう言われているか不明だが。

でもこの『あずま組一家』を通じて多くの人と知り合えた、試合会場
やレース中に「見ています」と声を掛けて下さった方もいた。

故障続きの日記に面白みもないと思うが、こんな自分に関心を持って
頂いてすごく有難いと思う。

10年後・・・走っているか?ブログは閉鎖?今の会社は辞めている。

いつまで続くか分からないけど今後も「ヨロシク!」です。

本日の練習:【夜】60分JOG
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

選手宣誓

昼休みにテレビでニュースを見ていたら、高校野球の開会式の様子
が流れているところで、ちょうど選手宣誓をやっていた。

独特の元気で大きな声、言葉を途切れ途切れにする宣誓ではなく、
ゆっくりで落ち着いた感じが好感を持ててすごく良かった。

今時「スポーツマンシップにのっとり・・」なんて言う人は
少ないんだろうなぁ(笑)

若い人は「貼っている湿布をとるの?」なんて思うのだろうか。

かく言う自分も一度だけ選手宣誓をしたことがある、20代の頃に
地元のうずしおマラソンで・・忘れもしない霧がたちこめる開会式で。

当時はサンテレビで後日放送があったのだが、画面には宣誓者の
名前が出てるものの、霧の中で誰がやってるのか、おぼろげにしか
分からない状況で右手を挙げながら宣誓する姿が映っていた。

その時以来、近所の散髪屋さんに行くとそこのおばあちゃんが毎回
言ってくれる。「あの選手宣誓、良かったでぇ〜」って。

本日の練習:【朝】20分JOG 【夕】70分JOG+流し 補強
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

29年前の夏

170801_1632~01.JPG
先日29年ぶりに1500mの兵庫高校記録が更新されたが、それまで
保持していた浜矢君の記録は当時の日本高校新記録。

昭和63年に開催されたということから”ろくさん総体"と呼ばれた
神戸IHで出された。

その1500mから2日後、本命視されていた5000mでは専大北上
の熊谷君(のちにダイエー入り)に中盤に離され惜敗。

ゴール後、涙を拭い続けなかなかトラックから離れずスタンド下
に引き上げようとしないところを3位に入った報徳のエース木戸君
(淡路島出身)が近づいていった。それが上の写真↑

スタンドからは「浜矢!一生懸命やったんやからええやないか」
という声が聞こえてきたことを今でも覚えている。

悔し涙を流すことになったがそれでも2日前に樹立した1500mの
記録は兵庫高校記録として長年破られなかった。

今回久しぶりに更新されたということで、あの29年前の夏を
思い出し自分で撮った何枚かの写真があるのを思い出した。

いつまでも浜矢君の記録が残っているようでは兵庫高校長距離界
も進歩がないもののインパクトの強かった彼の記録が消えるのは
寂しい気もする。

これは聞いた話だが、当時の西工は春にレギュラークラス以外
の選手は淡路島に合宿に来ていて彼も2年生の春は”島組”だった。

それが1年後、赤土から全天候型にリニューアルされた尼崎で
5000mを14分20秒の兵庫高校新、リレカでは同種目で得意のラスト
が炸裂し実業団勢を置き去りにする圧巻の走り(当時は高校生と
一般に分けられてなかった)このレースも現地で観戦していたが
ラストのキレは、どちらが大人なのか?と思うぐらい差があった。

彼は稀にみる急成長の選手だったと言える。


31日:【朝】20分JOG 【夕】14000mJOG(70分)+流し

1日:【朝】20分JOG 【夕】70分JOG+流し 補強


★Kさんへ★
暑い中、淡路選手権お疲れ様でした。

励みになるコメント有難うございます。できることならまだまだ
出たい競技会ではありますが、さすがに最近は実力的にお荷物的な
存在になりつつあります。本音を言うとあまり楽しめていない
のが実情です。

市民マラソンならまだしも一応タイムテーブルも組まれた競技会
ですから、運営の邪魔になるレベルではどうかと思います。
ここ2年ぐらいでその辺を意識するようになりました。

来季も淡路のトラックはまた参加するつもりですので、もう一年
宜しくお願いします。

★ぐっちさんへ★
お久しぶりです。

少子化の問題もありますし、実力があれば島外に流出するケース
もあります、さらに熱意のある指導者の存在もあろうかと思いますが、
いずれにしろ淡路の高校生レベルは下がっていますし、層も薄い
印象です。

そんなヘナチョコ高校生に5000mで1周抜かれているようでは、
ご飯も喉を通りません(笑)

玉木君と土肥君とのレース、もちろん自分も出てました。今も
あの時の記録が大会記録として残っています。

来年は70回大会なのでぜひ里帰りレースとして待っています。
和歌山での全日本マスターズもぜひ!
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

50歳

170202_1907~01.JPG

赤ちゃんは生まれると、たいてい元気な鳴き声を発するものだが
自分の場合はそれがなくお尻から体を二つ折りのような格好で生まれ
黄疸の症状もあり、当時の母子手帳には『仮死産』となっていた。

2700gで生まれたものの危険な状態だったといえるのか?

でも大事なのは今。

50年後、高血圧の薬を飲んでいるとはいえ毎日元気に過ごせている。

故障も最近は多く駆けっこも遅くなっているが好きなスポーツを
楽しめ、多くの人たちと出会ってきた。

年齢を重ねると今まで生きてきたことに一層感謝するように
なってきた。どうせなら何かを残したい。

とりあえず今夜は生まれて初めて眼鏡をかけて入浴した・・・
タイルの汚れが見えるし、曇るし・・そんなことはどうでもいい(笑)

もっと大きなことなんだよ。

一人でも多くの人の記憶に自分と言う市民ランナーが存在していた
ことを残してもらいたい。ならば50歳を過ぎても印象づけることが
できるよう結果を残す必要がある。それが生きた証、それそれ。

頑張れ!俺!

仕事では現場で一番上の立場ゆえ厳しいことも言うことがある。
でもこれを機会に人に優しい人間であろうと思う。

走りのキレは鋭く、人には丸く。

本日の練習:【朝】20分JOG 【夕】70分JOG+流し


★Y口さんへ★
肉離れとは・・・本当にお気の毒でなりません。

まさか頑丈なY口さんが?という思いです。
丸亀ではもしかして久しぶりにお会いできるかも、と
思っていましたが残念です。

代わりになるようなレベルではありませんが、自分なりに
精一杯走ってきます。どうぞお大事になさって下さい。
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

40歳代最高記録

初老を越えてからどれぐらいの記録を残していたか調べてみた。

各種目の記録と達成時の年齢、大会名↓↓



800m 2分26秒71(45歳 全日本マスターズ)

1500m 4分37秒5(41歳 関東マスターズ)

5000m 16分07秒20(40歳 徳島記録会)

10000m 33分49秒81(41歳 兵庫春季記録会)

5辧17分26秒(43歳 淡路駅伝)

10辧34分03秒(41歳 三ッ塚マラソン)

10マイル 55分45秒(41歳 市川マラソン)

ハーフ 1時間12分20秒(40歳 国生みマラソン)

フル 2時間44分56秒(41歳 別大マラソン)


走る機会の少なかった種目もあるが、概ね40歳を過ぎたばかり
の記録に集中している。当然のことだろうけど。

全盛期を過ぎて緩やかな右肩下がりだったのが、40代半ば
ぐらいから野茂英雄のフォークボールのように急激な落差を
見せ始めた。普通そのままなら地面スレスレでキャッチャーミットに
収まった時が引退なのだろうが、もしかして地面でワンバウンド
してキャッチャーの顔辺りまで跳ね上がるかもしれない。

自分のランニング人生をボールの軌道になぞらえるなら、
そんな思わぬ弾み方をすることを期待している。


本日の練習:【朝】20分JOG 【夜】70分JOG+流し
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark