あずま組一家

16歳で始めた陸上競技、いつまでマラソンを走り続けるのか・・・何かの病気かも(笑)しかし、ここまできたら止められない!そんな一人のランナーのブログ。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

高校生と1万m

4年ほど前ぐらいからか?8月に大阪・長居で『全国選抜大会』という
高校生の特殊種目の大会が行われていて男子1万mというのがある。

しかし、実に顔ぶれが寂しい。そりゃそうでしょう。

インターハイからまだ数週間、学校によっては夏合宿の最中かも
しれないし、第一この時期にク〇暑い大阪でトラック25周?
有力選手が積極的に出たがらないのも頷ける。

その昔、この選抜大会の前身となる『全国高校長距離大会』という
のがあった。自分たちが高校生の時は岐阜の長良川、その後静岡の
浜松になって、それからは一旦中止になるまでインターハイの
開催地という持ち回りで行われていた。

その長距離大会は男子の1万mが4組ほど行われ、最終組は駅伝名門校
のエースクラスが集う。ちなみに兵庫で優勝したのは一学年上の
平山さん(報徳)、大地君、奥田君(共に西脇工)。

駅伝前にトラックの1万mを走っておく、すごく意味があると思う。

長い距離を担当する選手にとっては、いい試金石にもなり自信を
得たり、逆に弱点を見い出だす機会にもある。短い距離が予定
されている選手にとっても本番では距離への不安を拭えて
思い切ったレースができるはず。

兵庫の高校で”古豪"と言われた佐用、神港学園、洲本実、さらに
報徳も伝統的に1万mを積極的に走らせていた。今は指導者が変わり
方針も変わったのかもしれない。

近年では西脇工も兵庫選手権の1万mにこぞって出てくる、以前では
考えられない傾向だが、とてもいいことだと思う。

今の淡路の高校生はほとんど5000mまで。長い距離へのレースに
どれほどの適正があるのか・・・駅伝レースのみのぶっつけ本番
ではなかなか計算が立たないだろう。

ただ、以前にも書いたように1万mを走る機会が少なくなったのも
事実。兵庫秋季記録会は絶好の場だったのに、いつの間にか時間の
要する種目の1万mはスケジュール的な問題もあり削られ、別の週に
『兵庫長距離記録会』というレースを開催してくれるようになった
が今度は日本海駅伝などと重なるようになり消えることになった。

ちなみに自分は高校2年間で1万mを3回走っている。

2年の夏の兵庫選手権。高校生は自分と篠山産高の選手二人だけで、
後は神戸製鋼勢と箱根駅伝の選手。5周抜かれたところで顧問の
先生に止めさせられた。

2度目は3年の国体最終選考会。インターハイから一週間後に行われ
スタートラインに並ぶのは西脇工、報徳の主軸ばかり。こちらも
敷居が高すぎて38分台でビリ。

その2か月後の秋季記録会でようやく35分10秒の自己新で走れたが、
何より駅伝に向けて自信になった。恥ずかしい思いで周回を重ね
たり自己新で走れたり、あれから30年以上経ってもいい経験だった
とつくづく思う。

明日のタイトルは『1万mの魅力』・・・・まだ続くんよ。

本日の練習:【朝】20分JOG 【夜】15000mJOG(75分)+補強
高校駅伝 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

淡路予選展望

今朝の新聞を見てびっくり!

今週末の県高校駅伝の地区予選の展望の記事が掲載されていた。

新聞より先に淡路予選のネタを書くつもりだったが先を越された。
地区予選が来週だと勘違いしていたのが原因、改めて詳しく・・・

今年から固定枠というのができたそうで、前年の成績が悪くとも
最低限出場できる枠があるらしい。今回は増もなく淡路からは
2(男子)となる。

新聞記事で書かれていたとおり、淡路三原の初優勝が予想される。
2年生エースがしっかりしていて5000m15分33秒、県ユースでは
1500mで4分6秒で走っている力の持ち主がいる。島内では、
ことごとく勝ってきてるので勝負強さも持ち合わせている。
その他16分後半(5000m)で走れる1、2年生4人がいて粒が揃ってきた。
初優勝の重圧を感じることなく力を発揮すれば、初優勝への
道は視界良好だろう。

それを追うのが洲本、県総体3000mSC8位の3年生を筆頭に、1年時
から活躍しているもう一人の3年生二人が両翼。秋には1年生が
頭角を現してきたので駒ができてきた。ただ、主力になるはず
だったであろう複数の3年生が駅伝を前に退部しているので、少し
戦力ダウン。層の薄いところが三原との差か。

何とか2校の一角を崩したい津名だが、こちらは三原、洲本のエース
クラスと互角に戦える柱が若干見劣りする。人数は何とか7人揃える
ことができても後半区間は離される可能性は高い。2年前の”怪物"
が卒業してからは厳しい戦いが続く。

洲本実は熱心な指導者が頻繁に記録会などに参加させたりと、
経験を積ませているようなので数年前の暗黒時代からは長距離
選手らしい生徒が増えてきたが、まだまだ力不足。せめて一人
ぐらいは5000m15分台で走れるエース格が欲しい。

今回は4校が出場して2校が県大会へ。ちなみに自分たちの時代は
7校が出て4校が篠山に行けた。いくら時代の流れであったり少子化
の時代とはいえ、校数が減ったり洲本実が最下位を争ったりする
のは寂しいね。

本日の練習:【朝】20分JOG 
     【夕】15000mJOG(87分)+流し 補強
高校駅伝 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

高校駅伝淡路予選

今年で29回目の開催になる『くにうみマラソン』。

過去2回しか欠場はなく25回入賞している相性のいい大会だが、
もちろんまだ運動もしていない体なので当然のことながらDNS。

来年は出たいね、そんで吐くまで走りたいね。

ということで、今日は日程がダブった高校駅伝淡路地区予選を
現地で観戦することにした。

観戦場所は各区間のラスト2卉賄澄

優勝は男女とも津名で1区から首位を譲らない横綱レースだった。

注目は男女とも2枠しかない県大会へのイスを巡っての2位争い。

男子は柳が序盤2位につけていたが3区で洲本が逆転、5区終了時
で2位洲本から5秒差で三原、23秒差で柳と接戦を展開していた。

洲本は6区でほぼ2位を手中に収め、三原は5区で3位に浮上した
まま順位をキープ。柳は結局4位に終わった。

5位の洲本実は1区から蚊帳の外。最後は繰り上げ出発も喰らい
2時間36分45秒という結果だった。近年の成績からするとまだ
マシな方か?選手一人一人の走りを見ていると、うつむいて
走ってたりよそ見をしながらだったり、走りに集中していない。
ただ漠然と走っているだけのように見える。前を見据えて走って
いる他校の選手とは対照的だった。

三原の2時間21分台というのも久々じゃないだろうか。800mを
走る選手は多くいても長距離を走る者がいない学校の色が今年は
少し違っていた。2年生も多いし来年も注目したいものだ。

優勝の津名は何たって5000m14分台の2本柱がいるので盤石。
今回は1区が渡辺君で3区坂東君という布陣だったが、県大会
では入れ替わるんじゃないかと思う。しかし今季急成長の
坂東君は3区を24分45秒と相変わらずの好調ぶりを示した。
独走であのコース、評価は高いだろう。

女子は4位発進だった柳が2区で2位に上がりそのまま順位を
守り切った。洲本は3区終了時で2位の柳に4秒差まで迫ったが
4区がブレーキ。4位の三原は1区に都道府県駅伝でも走った
ことのあるエースみいなっちが津名にまさかの30秒差を
つけられ2番、彼女の貯金頼りのチームは層の薄さもあり
あとは落ちる一方、男子のような粘りの駅伝を発揮できず。

雨の中2時間以上立ちっ放しで走路補助員をしていた高校生、
関係者の方々、本当にご苦労さんでした。交通規制もない
中での開催もあり通過する車に「ご迷惑をおかけしています」
という意味で頭を下げている高校生補助員も多くみられた。
裏方の支えがあって成り立つ駅伝大会、それを忘れてはいかん。



★ジャム兄ちゃんさんへ★
くにうみマラソンお疲れ様でした、そんなにタイムを短縮する
なんてすごいじゃないですか!今度近道教えて下さいね。

あいにくの雨でしたが来年は例年のように快晴の中で行われる
といいですね、私も来年参加できるよう頑張りたいです。

夜もランナーさんとお会いできませんでしたか?託児所で
待ち伏せしていれば必ず来ますよ(笑)

★夜もランナーさんへ★
ようこそ淡路島へ・・・でもお会いできず残念でした。

たとえ未公認コースであろうと90分切の記録は間違い
ないのですから、心から喜びましょう!

組長饅頭、今年は見送りでしたか?店頭に並んでいるということ
は私の作ったものです、また機会があれば味見してみて下さい。

過去27回出ましたが雨は2度だけでした、恐らく私が参加
しなかったからでしょう(笑)来年は晴れますよ。
高校駅伝 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

今年最後の休日

今年最後の休日だったので、のんびり過ごして年末の仕事に
備えることにした。

とりあえず7時半まで寝て、朝練。

午前中は銀行→スーパー→給油を済まして高校駅伝を観戦。
兵庫代表の戦いぶりに注目していた。

女子の須磨学は、不運な転倒もあり1区の出遅れが響いて、毎度の
後半追い上げパターン。混戦のアンカー勝負に1年生を配置しないと
いけなかったのも層の薄さの表れか。インターハイで全員予選落ち
というのも、冬の駅伝に向けて勢いをつけられなかった。
タレント的な選手が抜けるので来年も楽じゃないね。

男子は下馬評どおりの順位だったが、西工は力が出し切れず。
前半であれだけ離されては、なかなか勝つのは難しい。

1区のエースは相手の動向に注意が行き過ぎかな、もっと自分の走りに
集中してもらいたかったね。29分59秒で走る実力じゃないはず。

2区の主将も下りの3劼8分36秒、3区の2年生も24分17秒とは焦りが
あったのか、積極性がなかったとしか考えにくい。

4区の2は、流れをもう一度立て直すという点では、好走だった。

5区の選手はこの島出身。初の都大路で8分50秒を切った走りは、
まずまずと言っていい。今年のインターハイ路線は残念ながら
近畿落ちだったが、最終学年ではトラックでもきっちり
主力として頑張って欲しいね。

6区は後半区間で最も稼ぎどころとみられていたところ。だが・・・
5000mを14分10秒で走るのに今回は15分を超えるタイムからすると
ややブレーキ気味。

アンカーは昨年の経験者とはいえ、県大会は出られず、近畿大会も
1区で31分近くかかり若干不安視されていたが、14分36秒なら
まずまずだろう。3位にも脅かされることもなく逃げ切れたし。

来年は豊川も西工もごっそりメンバーが抜けることになるので、
現時点で両校が優勝を狙うのは簡単ではないと思う。
一方、2年生主体で8位入賞を果たした山梨学附がかなり有力になる。

女子は来年が記念大会。兵庫の2位校が都大路に行けるよう、
頑張って欲しい。過去には西工、県西、夙川などが切符を
掴んでいるが、1年後は姫商や市尼もチャンスがある。

男子も再来年が記念大会、個人的には報徳が復活してくれる
ことを期待したい。

そんなことを思いながらの休日。

明日からはキツそうな一週間が始まるよ、トホホホ(笑)

本日の練習:【朝】13JOG(69分) 【夕】90分JOG+流し
高校駅伝 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

11月11日

昨夜はデラックスな部屋で一泊し、朝練は尼崎記念公園で60分JOG。
10時過ぎにチェックアウトをして自宅に向かった。

運転の途中、河川敷で人だかりを発見。西宮ハーフ?雨の中ご苦労さんねぇ。
確か20代の頃に何度か出たことがあるのを思い出した。

室津PAで仮眠、午後自宅に帰ってからも昼寝(寝てばっか)

夕方には走りに行くつもりだったが・・・起きたのは19時。
今日はやめておこうか迷ったが、やっぱりグラウンドへ。

夜は県高校駅伝の録画放送にかじりついた。

もちろん男子は西工が優勝で間違いないところだが、1区のエースは
終盤、後続に詰め寄られるパッとしない走り。タイムも30分8秒。
アンカー区間も走りにくい条件であるとはいえ、15分台。
2時間5分6秒は平凡なタイムだったが、都大路では豊川との争いに
なるであろう戦いを制して久しぶりの全国優勝を果たしてもらいたい。

報徳は序盤8位だったのに、よく盛り返して2時間9分42秒の3位。

近畿切符を賭けた6位争いも面白かったが三木が6位とはびっくり。

淡路勢は1区で33分台、29位の大ブレーキで発進した洲本が18位、
津名が僅差で20位。確かに実力的に差のない両校だが、洲本は
今回も長丁場で精彩の欠いた走り。洲本は昔からスピード練習
中心のイメージがあり、5000mの記録の割に長い距離ではイマイチ
だったりする。一方、今は落ちぶれたが以前の強かった洲本実
などはロードで長い距離を走る練習、時には主力だけに関わらず
多数で一万辰竜録会にも積極的に参加をしていた。柱区間でなくとも
31分台はザラにいたし、エース格は30分台で走っていた。

学校によって方針はあるだろうが、最近はインターバル練習で培った
スピード頼りの走りが目立つ。長い距離を勢いだけで進めるのではなく
自分の感覚やペースをしっかり掴むことも大事、今の淡路の高校生には
そんな”長距離も走れる選手“がなかなか出てこないのが現状である。

本日の練習:【朝】60分JOG 【夜】70分JOG

★10raさんへ★
コメント有難うございます。もしかして終始後ろに付いていらした方
でしょうか?それとも終盤、前から落ちてきて合流された方でしょうか?

もし後ろにいらした方でしたら・・・何度も脚が当たってすみませんでした。
細かい上げ下げを繰り返していたのでペースが安定しておらず申し訳
ないです。でも少人数のレースで同じグループで走られる方がいて
助かりました。私もゴール後、30秒ぐらいは人見知りしますから(笑)
また、お会いした時は気軽にお声を掛けて下されば嬉しいです。
早く腰の具合がよくなることも願っています。
高校駅伝 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

高校駅伝淡路予選(女子)

柳学園が2年ぶりの優勝、2位津名を挟んで、3位洲本までが2分37秒差
だったことからも抜きん出た学校がなかったということか。

優勝タイムが1時間20分46秒では県大会でも、たいして目立つ位置にも
いないだろうから来年も女子の淡路枠は一つということが濃厚。

ただ、最近は”追加枠“という素晴らしい制度があり各地区予選の枠外
でタイムのいい5校が県大会に出られるというものがあるため、今回は
2位の津名も篠山路に参戦することができる。しかし何でこの制度は女子
だけなのか?女には甘い兵庫陸協。

飛び抜けた学校がいない淡路地区にあって、個人の実力では頭抜けた存在
がいる。淡路三原で今回1区1位だった高田さん、通称”みいなっち“。

彼女は中学時代から全国級、今年も1年生ながら近畿IHの3000mにも出場。
残念ながら今回の予選は5区間でありながら4人しか名前がなかったので、
最初からチーム自体は棄権覚悟だったのかもしれない。

須磨学の誘いも蹴り地元の高校に進学し、当然ながら島では敵なし。
淡路三原は駅伝強豪校でもないためレベルの高い練習はしていないだろう。

これまでこの島で最も力のあった女子長距離選手といえば松岡さん
(洲本実→天満屋)。パリ世界陸上日本代表でもある。
それを超えるであろう逸材なので、今後の活躍に期待したい。

奇しくも20年前はその松岡さんがエースとして活躍、7連覇達成だった。
区間賞も全区間で独占し1時間17分29秒という結果。しかし・・・
今回の洲本実は最下位の4位で1時間35分。男子同様、低迷期にある。

本日の練習:【朝】20分JOG 【夕】60分JOG+流し

★ジャム兄ちゃんさんへ★
時代は変わっていくものなんですねぇ。

長距離選手のレベルは格段に下がっています、まだ淡路予選に
出ているだけでもマシかな?と思えるくらいです。

確かに昔の生徒は骨太なイメージでした、今は長距離というスポーツ以外
にも自分を喜ばせてくれる要素がこの世の中には多過ぎるからでしょう。

★カルノタさんへ★
母校の低迷に気をもんでおられるOBの方も多いと思います。

島にはいい素材の中学生は多いと思いますが、熱心な指導者がいない
と島外に流れたり他のスポーツに獲られたりと歯止めがかかりません。

しかしまだ母校があるだけでもいい方です、ウチなんかは学校自体が
存在していないですからね(笑)
高校駅伝 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

高校駅伝淡路予選(男子)

男子は津名が20年ぶりの優勝、タイムは2時間19分37秒。
(その20年前は現在も陸マガで執筆をされている出口先生率いるチームで
2時間14分41秒、2位は10秒差で洲本が続く接戦。津名は幹田、洲本は
岩熊という両エースが激突してのマッチレース。あの時も雨だった)

昨年辺りから津名の選手層が厚くなっていたので、久しぶりの優勝も
見えてきたかなとは思っていた。ところが先日の徳島記録会で洲本のエースが
5000mで14分台を叩きだしたので「もしかして洲本?」と微妙な雲行き
になってきていた。そして結果は37秒差で津名に軍配。やっぱり。

津名は2年生エースが1区1位で好発進、2、4、6区でも区間賞を獲得して
流れを渡さなかったのが勝因。一方、洲本はエースが舵取りの仕事を
果たせなかったのが致命傷。県大会では巻き返しも可能なので、又津名
とのいい勝負を見せてほしい。

3位は柳学園で2時間28分25秒。複数で5000mを15分台で走れる選手も
いるし、もう少しいいタイムで走れるチームのはず。今回は上位
2チームしか県への枠がないので残念ながらこれで終わり。あとは
監督の神戸マラソンでの4時間切に期待したいところ・・・

4位は淡路三原で3位柳学園とは1分44秒差。最近は5000mにエントリーを
する選手も見受けられるし2年生で強い選手もいるので柳学園同様、
来年に向けてチームの底上げをはかってもらいたいところ。

そして最下位の5位は・・・かつての名門洲本実。
淡路三原から12分以上離される学校になろうとは。今季はあずま自身が
洲本実の選手に一度も負けてないだけに、それも理解できる。
もし来年自分が洲本実に入学したら押しも押されぬエース?
それはともかく熱心な指導者がこの状況を打破しない限り、この学校に
復活の日はない。ちなみに20年前は2時間17分24秒でその当時としては
珍しく3位に沈んでいた。毎年言ってるが「頑張れ!洲本実!」

明日は女子編。

本日の練習:【朝】20分JOG 【夕】70分JOG+流し


★だちくんさんへ★
昨日はお疲れ様でした。相変わらずリラックスした、良いフォームで
走られていましたね。一人でも自分のリズムをしっかり保ちながら
練習を消化されていたのを見て感心していました。

また同じ練習会やレースなどでご一緒の際は宜しくお願いします。
高校駅伝 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark

ナイスタイミング

今日も仕事が忙しく、昼の休憩は午後二時。
でもタイミングよく『高校駅伝』の中継中だった。

倉敷が2位、浜松日体7位、仙台育英12位とは少々驚いた。
我が兵庫の西工はエースともう一人の3年生を欠く苦しいオーダー
だったが、7人中1、2年生が6人を占めており来季に期待を
したいところ。

前半など途中の経過も全くわからないし、区間成績も
知らないので、仕事がひと段落する年明けにじっくり
録画を見ようと思っている。

本日のの練習:【朝】20分JOG 【夜】40分JOG+流し
高校駅伝 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

兵庫高校駅伝(2)

ところで島内の学校は、と言うと・・・

男子は洲本が13位、津名が26位、女子は洲本が最下位。

男子の”近畿行き切符”は6位までだが、洲本は、あと5分59秒
足らなかった。1区で32分要しているようでは無理な話。

一昔前なら近畿大会に島から複数校を送り込んでいた。
その当時の選手と最近の選手との決定的な違いは・・・『逞しさ』

昔はどんな遠くでも自宅から峠を越えながら自転車で学校に
通っていた、営業の仕事をしていた頃はその姿を何度も見ている。
知らず知らずに足腰が鍛えられているのだ、今はバス?親に送り迎え?

レースを見ていても走りに気迫がない、勇気も思い切りもない、
個性もない、ダイナミックさも、記録を狙う貪欲さも。

これでは島内のレベルアップは難しい、よほどの変革がない限り
男子の県大会行きの枠はいつまでたっても『2』のまま。

本日の練習:【朝】20分JOG 【夕】40分JOG
高校駅伝 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark

兵庫高校駅伝(1)

同じ時間帯に同じ丹波路にいながら実際のレースも見てないのに、
結果だけみて今回も偉そうに”総評”・・・。

正直、西工のオーダーを知った時「余裕だな」と思った。
前監督の時から変わらず、オーダーは選手間で決めるんだろうし、
インターハイ出場組の4人は誰がどの柱区間を走ってもおかしくない
くらいしっかりした存在になっているとは思う。

それでも普通は3年生を1区に使うのが無難だと思うが、伸び盛りの
2年生を起用。1区後半は須磨学ではなく市尼とのマッチレースに
なったことも、いくらか気分的に楽だったのではないかと思うが
トップで好発進。ただ30分は切って欲しかったかな?

映像を見る限りで最も印象に残ったのは西工の選手たちの上半身が
しっかりしていること。普段から腕立てや懸垂をしっかり行っている
のだろうけど上腕部の肉の付き方は他校とは全然違っていた。

そんな力強い走りで12月の都大路では、9年ぶりの頂点狙ってほしい。
3区か4区で留学生との勝負は避けられないので、それをしのげる
エース格をぶつけて、後半区間で抜け出す展開に持ち込んで欲しいね。

3連覇を逃した須磨学は、はっきり言って長い距離を走れる選手が不在。
1区で西工に1分半も開けられては勝ち目はなし、区間賞も一つもなく、
現段階では来年も中心的選手になりそうな存在が見当たらず厳しい。

2位の市尼は見事な2時間8分台、インターハイに出場した二枚看板以外
にも堅実な走りが目立った。特に4区(23分57秒)、須磨学の4区は
5千辰14分1秒で走るのにその選手に46秒差をつけている。
エース級が抜ける来年が、市尼の真価が問われる時だろうか。

報徳が4位に落ちたのは、自分が陸上競技を始めてからは初。
最近では特待生云々の問題もあって、学力不足や裕福な家庭で
ない子は香川の私立校に紹介されたりと、有力中学生を集める
のは難しいらしい。黄金期には憎たらしいぐらいのグリーンの
ユニフォームだったが、最近はちと寂しい。今回は1区でまずまずの
滑り出しだったが市尼にも敗れ、3位須磨学とも2秒差で残念な結果。
いつかは、かつての宿敵西工と競り合える姿を見せて欲しいものだ。

本日の練習:【朝】20分JOG 【夕】70分JOG+流し
高校駅伝 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark