あずま組一家

16歳で始めた陸上競技、いつまでマラソンを走り続けるのか・・・何かの病気かも(笑)しかし、ここまできたら止められない!そんな一人のランナーのブログ。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 69回淡路陸上競技選手権 | main | 疲労の原因は・・ >>

29年前の夏

170801_1632~01.JPG
先日29年ぶりに1500mの兵庫高校記録が更新されたが、それまで
保持していた浜矢君の記録は当時の日本高校新記録。

昭和63年に開催されたということから”ろくさん総体"と呼ばれた
神戸IHで出された。

その1500mから2日後、本命視されていた5000mでは専大北上
の熊谷君(のちにダイエー入り)に中盤に離され惜敗。

ゴール後、涙を拭い続けなかなかトラックから離れずスタンド下
に引き上げようとしないところを3位に入った報徳のエース木戸君
(淡路島出身)が近づいていった。それが上の写真↑

スタンドからは「浜矢!一生懸命やったんやからええやないか」
という声が聞こえてきたことを今でも覚えている。

悔し涙を流すことになったがそれでも2日前に樹立した1500mの
記録は兵庫高校記録として長年破られなかった。

今回久しぶりに更新されたということで、あの29年前の夏を
思い出し自分で撮った何枚かの写真があるのを思い出した。

いつまでも浜矢君の記録が残っているようでは兵庫高校長距離界
も進歩がないもののインパクトの強かった彼の記録が消えるのは
寂しい気もする。

これは聞いた話だが、当時の西工は春にレギュラークラス以外
の選手は淡路島に合宿に来ていて彼も2年生の春は”島組”だった。

それが1年後、赤土から全天候型にリニューアルされた尼崎で
5000mを14分20秒の兵庫高校新、リレカでは同種目で得意のラスト
が炸裂し実業団勢を置き去りにする圧巻の走り(当時は高校生と
一般に分けられてなかった)このレースも現地で観戦していたが
ラストのキレは、どちらが大人なのか?と思うぐらい差があった。

彼は稀にみる急成長の選手だったと言える。


31日:【朝】20分JOG 【夕】14000mJOG(70分)+流し

1日:【朝】20分JOG 【夕】70分JOG+流し 補強


★Kさんへ★
暑い中、淡路選手権お疲れ様でした。

励みになるコメント有難うございます。できることならまだまだ
出たい競技会ではありますが、さすがに最近は実力的にお荷物的な
存在になりつつあります。本音を言うとあまり楽しめていない
のが実情です。

市民マラソンならまだしも一応タイムテーブルも組まれた競技会
ですから、運営の邪魔になるレベルではどうかと思います。
ここ2年ぐらいでその辺を意識するようになりました。

来季も淡路のトラックはまた参加するつもりですので、もう一年
宜しくお願いします。

★ぐっちさんへ★
お久しぶりです。

少子化の問題もありますし、実力があれば島外に流出するケース
もあります、さらに熱意のある指導者の存在もあろうかと思いますが、
いずれにしろ淡路の高校生レベルは下がっていますし、層も薄い
印象です。

そんなヘナチョコ高校生に5000mで1周抜かれているようでは、
ご飯も喉を通りません(笑)

玉木君と土肥君とのレース、もちろん自分も出てました。今も
あの時の記録が大会記録として残っています。

来年は70回大会なのでぜひ里帰りレースとして待っています。
和歌山での全日本マスターズもぜひ!
エピソード | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takuziazuma.jugem.jp/trackback/3475
この記事に対するトラックバック