あずま組一家

16歳で始めた陸上競技、いつまで走り続けるのか・・・病気かも(笑)しかし、ここまできたら納得のいくところまでやるしかない!そんな一人のランナーのブログ。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 理由は二つ | main | 異動 >>

めいたんき

毎年6月に開催される『明淡姫(めいたんき)対抗陸上』。

明石市と淡路島、姫路市の陸上競技対抗戦は今年で62回を迎えていた。

その3地区が会場を持ち回りで開催していて、昔は淡路が受け持ちの
年になると順番通り洲本の土のトラックで行われていた。恐らく今は
明石と姫路だけで洲本では、やってないかも?

20代後半の頃に一度だけ代役で1500mに出て、姫路は山陽特殊鋼、
明石は川崎重工の実業団選手に大差をつけられ(当然だろ)最下位で
走ったことがある。当時は全種目各地区から2名づつだった。

今回リザルトを見て驚いたのは200m(21秒7)と400m(48秒2)の大会
記録を自分と同い年の清水崇君(当時、明石南高)がいまだに保持
していたこと。もう35年前の記録というのに。

と言っても清水君は2年生で全国IH2位だったので高い実力があった
ことは違いない。圧勝だろうと思われた3年の県大会、雨が降る中、
400m決勝を自分は水濠近くで見ていたが、何と250m付近で途中棄権。
自分の目の前で脚を気にしながらコースから外れて歩き出したのを今
でも覚えている。結局、個人種目ではインターハイに行けなかった。

ソウル五輪強化指定選手だったのに、その後は名前も出てこず。
大柄で歩幅の広い走りがい印象的だったが今回大会記録の名前が
残っていて、古い記憶が蘇ってきた。

本日の練習:【朝】30分JOG 【夜】12000mJOG(73分53秒)

体重49.9圈‖了號8.3% 血圧142 103 心拍数59
エピソード | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark

この記事に対するコメント

今年淡路はお揃いの青のTシャツが支給され、開会式やアップ時にみんな着用していました。
全参加者の中でおそらく私が最年長だと思いますが、高校生の背中を追いかけながら必死に走ったつもりです(笑)また同じレースに出ることがあれば宜しくお願いします。
砂時計 | 2019/06/12 12:23 AM
★砂時計さんへ★

明淡姫対抗陸上、お疲れさまでした。
30代後半で2分02秒30(800m)は立派ですよ。
半年後、洲本市駅伝で爆発させましょう。

Tシャツが支給されたんですね、選ばれた人だけの
特権ですから誇れると思いますよ。

ちょっと先ですが、淡路選手権の1500mでご一緒できたら嬉しいです。
あずま | 2019/06/12 9:43 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://takuziazuma.jugem.jp/trackback/4123
この記事に対するトラックバック